ガールズバーの本来のコンセプトと今のコンセプトが違う理由

ガールズバーは、今でこそ男性が若い女性のバーテンや店員たちに囲まれてお酒を楽しむ場所として展開していますが、実はもともとガールズバーとはそういうコンセプトで始まった物ではないんですね。
本来は、店員やバーテンが全員女性なので安心して女性だけでお酒を飲みに行ける場所というコンセプトで作られた物なのです。
では、何故ガールズバーの営業形態がこんなに変わってしまったのでしょうか。
■ガールズバーの営業形態が変わった理由
一番の理由は、ここ近年の風営法の規定や規制、取り締まりが非常に厳しくなったからです。
キャバクラやセクキャバと言った接待飲営業の許可が必要なタイプのお店は、審査が厳しくなお且つ営業時間の規制が出来たりして営業しにくくなったんですね。
そこで、そう言った接待を営業形態に入れない事で女性ばかりの店員に接客させる事で同じような客層をより低価格で集客しようとした人たちが増えたからなのです。
■ガールズバーは法整備が完璧ではない
それだけで終わればまだ、客層が変わった程度の事で済んだのですが性質が悪いのがガールズバーの営業をする側がガールズバーは深夜遅くまで営業出来る事をメリットだと思ってそのままキャバクラなどと同じような接客をさせたことです。
これが、結局本来キャバクラなどを営業する際にとっておかなくてはいけない許可を取らずにやってはいけない行為として、違法な営業とみなされ数々のガールズバーが摘発されているというわけです。
いまだ、ガールズバーの運営営業方法に関しては明確な法の基準が出来ていないので結構グレーゾーンな営業をしているところが多いんですね。
そういうお店に関わらないためにも、ちゃんと法律を守って営業しているガールズバーだけにか良いましょう。

関連する記事